第三ブログ(自然科学、ITや岩崎純一のウェブサイト自体の技術的な話) : 岩崎純一のウェブサイト

岩崎純一のウェブサイトトップhttp://iwasakijunichi.net/:サイトのトップページ
<<[*]前の記事へ  [#]次の記事へ>>

外付けハードディスクの自作記録
(岩崎純一 at 04/12 20:15)
[1/4ページ]
 今回は、外付けHDDの自作記録を書いてみます。

 しかも、途中で、一見すると技術的なこととは関係のない(ある意味で私の聴覚・共感覚が原因の)ハプニングが起きましたので、読んでいて何やらさっぱり分からないという場合はご質問下さい。

リンク画像カメラ

 このブログでも散々書いてきたWindows XPのサポート終了からおよそ一年。私がかつて手配からセッティングまでさせてもらったXPマシン(個人・共用パソコンの両方を含む)をまだ使い続けていた人たちから、「そろそろ買い替えたいのだけど、データや古いパソコンの廃棄はどうすればいいですか?」という相談がちらほら来ています。

(何度も書きますが、一応、XPの使用継続自体は、一年前からもう安全とは言えず、褒められたことでないのは確かです。)

 しかし、使えるパーツを捨てるのはもったいないということで、許可を得た上で、マシンをもらって分解し、使えるパーツは私が使うことにしました。ここ数年は、こうして私が古いマシンをもらって、代わりに新しいマシンを選んで手配するケースが増えています。

 何よりも、HDDはすでにこれらのマシン購入以降に何度か壊れ、そのたびに、一応私がメンテナンスしやすいものに交換しているので、まだ数年しか使っていないものがほとんどで、物理的な傷や不良セクタは特にありませんでした。これをもらって外付けHDDに作り替えることにしました。

 普通は、HDDの新品(リテール品やバルク品)を買ってきて自作するのですが、不要なマシンのHDDを使う場合は、もちろん元の使用者のためのデータの移行とセキュリティソフトなどによるマルウェアのチェックは必須です。

 ここでは、玄人志向のGW3.5AA-SUP3を使って古いXPマシンのHDD(250GB)からUSB接続の外付けHDDを自作した例を、順を追って書いてみます。(途中で、珍しく面白く苦痛なハプニングが発生!!)


(1) HDDのデータのバックアップ、ウイルスチェック、フォーマットを行う

 当たり前ですが、特に人から頼まれたり人と共用していたパソコンのHDDの場合、必ず中身を確認し、データが残っている場合は、バックアップや消去を行いましょう。

 OSが入っていた場合は、いきなりOSの消去はできないので、管理者権限で入り、フォルダの読み書き設定の変更などをしてから消去します。

 それから、ディスクのフォーマットを行います。先のデータ消去を経ないでフォーマットすると、見かけ上はデータは消えますが、完全にデータ消去されないことがあるので、データ消去は前もってしたほうが無難です。

 ただし、旧パソコンのフォーマット機能よりも外付け先のパソコンのフォーマット機能のほうが強力な場合、ウイルスチェックのみを行い、フォーマットは後回しにしてもOKです。

 ちなみに、今回購入した玄人志向のHDDケースには、FAT32仕様でフォーマットできるディスクなどが付いてきますが、さすがはチャイナ製で、どうもフォーマットの結果が怪しく、Windowsで4GB以上のサイズのファイルを扱うなら、ファイル容量制限のないNTFS仕様のフォーマットソフトかWindows 7に標準搭載のフォーマット機能を使うのがよいです。WindowsとUnix系OSを頻繁に行き来するなら、FATでもよいですが、最近はNTFSで十分に通用します。


(2) パーツを準備する

 HDD、SATA(Serial ATA)-USB変換器、電源ユニット、ケース、USBケーブルなどパーツを準備します。普通、USB接続のHDDケースなるものを買えば(今回のGW3.5AA-SUP3など)、ほぼUSB変換器やUSBケーブルも付いてきます。

 ただし、いくらUSB3.0仕様の変換器・ケースを買っても、マシン側にUSB2.0端子しかなければ、USB2.0の速度しか出ないボトルネックが起きますので、意味がありません。また、かなり古いXPマシンのHDDを流用する場合は、SATA接続かIDE接続かに注意しましょう。

 今回使うHDDは、バルク品で買ってDELLマシン内で使っていた以下のHDDです。

 Sea
[6]次ページへ>>

右斜め下コメント(4)
右斜め下トラックバック(0)

<<[*]前の記事へ  [#]次の記事へ>>

0このブログのトップ

Powered by
さくらのブログ