2016年12月12日

被害者続出中の「NAVERまとめ」盗用問題

 株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)が運営する医療サイト「WELQ」におけるニセの医療情報の大量掲載の問題を発端に、キュレーションメディア(まとめサイト)と、それらの運営会社やユーザーの権利意識のなさが注目され、ついにテレビでも報道されている。

 私も、まとめサイトの代表格である「NAVERまとめ」(韓国のIT企業ネイバーの系列のLINE株式会社が運営)などのまとめサイトに、著作物を何度か盗用されたことがある。被害者の一人として、LINEに宛てて出した、ある程度強い態度での通告(一部省略)と、その回答(一部省略)を、参考までに下方に掲載しておく。

 思うに、私のような軽度の被害者ならまだしも、イラストや画像の制作、デザイン、執筆など創作活動一本で生計を立てている人は、人生がかかっているわけで、三度の食事を奪われるのと同じことだ。

「NAVERまとめ」の場合、ごく普通に「削除のお願い」をするだけならば、下記ニュースの通り、対応してもらえないか、「NAVERまとめに載せないで下さい、と書いていないあなたに問題がある」というメール返信があるだけなので、盗用された著作者の方々は、「お願い」ではなく「要求」の形で、ある程度強い態度に出ることをむしろお勧めする。

●NAVERまとめに無断転載“された”側の訴え……「抗議への対応に驚愕」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161212-00000022-zdn_n-sci

●Googleニュース検索「NAVERまとめ」
https://www.google.co.jp/search?q=NAVER%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81&hl=ja&site=webhp&source=lnms&tbm=nws&sa=X&ved=0ahUKEwisrM6W7-3QAhWBTLwKHdJXCKkQ_AUICSgC&biw=1920&bih=1060

 まとめサイトの主な特徴(目的)は、まとめる人物が、見ず知らずの不特定多数の作者の著作物であるイラスト、画像や文章をあちこちから収集してアップロードし、それらのページへのアクセス数と連動した金銭的利益を、著作者・著作権者に無断で得ることである。著作権法の「引用」の規定を逸脱した違反者が続出し、いつかは無法地帯化することは、容易に想像がつく。

 サイト運営会社も、そのことを最初から分かって(狙って)いる一面があるのであって、軽いながらも被害を被った一人である私の感覚からすると、ディー・エヌ・エーの運営サイトや「NAVERまとめ」は、かなり悪質である。

 むしろ、今回明らかになった著作権法違反問題は、以前から、「NAVERまとめ」に著作物を盗用された著作者の間で持ち上がっていた。今回、WELQの医療情報や健康情報があまりにも嘘八百、デタラメすぎたためか、こちらが大々的にニュースで取り上げられた模様だ。

 私も、自分の著作物が盗用されたり、勝手に商品として売られたりするたびに、違反者やその違反者が利用するサイトの運営会社に通告している。おそらく、私の対応はかなり素早いほうである。盗用・悪用されるたびに強い態度に出ていると言えると思うので、重大な被害や損失は発生していない。

 私の場合、実害というよりは、いらぬ迷惑を被ることが多い。例えば、2ちゃんねるなどのネット掲示板に私を名乗る共感覚者が登場し(しばしば私の共感覚画像を盗用・掲載)、「何でも答えます」などと書いて、勝手に回答を繰り広げ、広告収入などを得るケースだ。私は、そんな投稿も回答もしたことがない。実に迷惑な話だ。

********************

問い合わせ内容:

NAVER まとめ ご担当者様

(中略)
http://matome.naver.jp/odai/●●●●●

当該ページにおいて、私どもの各種の著作物およびウェブサイトからの文章、画像等の無断盗用が見受けられるため、ご報告申し上げます。
これらは、引用元の文献およびウェブサイトURLを示さず、日本国の著作権法および著作者たる私が主張するクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの規定を逸脱しております。
当該ユーザーへの注意、および、盗用された著作物の削除または公開停止措置をお願い申し上げる次第です。
(中略)
以上、何卒よろしくお願い申し上げます。

岩崎純一

********************

差出人: "NAVER"
件名: 【NAVER】お問い合せのご回答
日時: 2014年11月14日 18:27

岩崎純一様

NAVERをご利用いただき、誠にありがとうございます。
NAVERヘルプセンターです。
お問い合わせくださいました件について、ご案内させていただきます。
このたびは、弊社ユーザーがご迷惑をお掛けすることとなり、誠に申し訳ございません。
ご連絡いただいた内容につきまして調査させていただき該当の投稿に対し、公開制限措置を行いましたので、お手数ではございますがご確認いただけますよう、お願い申し上げます。
他にもご不明な点やお気づきの点などございます際には、お気軽に以下《返信用URL》より、ご連絡くださいますよう、お願いいたします。
このたびは、お忙しい中、お問い合わせくださいまして誠にありがとうございました。

《返信用URL》
http://help.naver.jp/●●●●●

---------------------------------------
権利侵害が行われている弊社サービスURL:
http://matome.naver.jp/odai/●●●●●

権利侵害の内容を確認できるお客さまのサイトURL:
●●●●●


【関連ブログ記事】

●著作権・著作者人格権侵害問題の記録と考察
http://iwasaki-j.sblo.jp/article/175126187.html