2015年01月27日

ブラウザ界の仲間外れ「Internet Explorer」

 先日サイトに載せた以下の3DCGバージョンの共感覚データベースについて、プログラムをいじっている時から薄々分かっていたことなのだが、案の定、多くのブラウザがある中、Internet Explorerだけで動作しない。厳密には、バージョン11では「動作」はするのだが、「3D」にならないので、「3D」のプログラムとして書く意味がない。しかし・・・。

岩崎純一の共感覚データベース(3D映像操作版)

 このプログラムは、Three.jsの公式サイトで紹介されている色々なプログラムの組み合わせだが、本来はWebGLを使っておらずcss3dを使っているので、IEのバージョン11だけでなく、10以前でも最新パッチを入れていれば、それなりに動くはずなのだ。

WebGL_logo.png WebGLを使って作ってみた共感覚3Dゲーム(サイトに載せているので遊べます)も、IE11では動くのだから(10以前のIEではWebGLは動かない)、今回の3D共感覚データベースは綺麗に動いてもおかしくないはずなのだが・・・。嫌な予感が当たった例である。

 しかし、これまでも書いてきたように、私のサイトも今はほとんどの方がスマホで見ていらっしゃるし、パソコンで見て下さるほどの熱心な方はすでにGoogle ChromeやMozilla Firefoxを入れる作業はできる方だろうと踏んで、かなり身勝手なのだが、とりあえずこのまま様子を見ようかと思う。

 おまけの話だが、現在のマークアップ言語とクライアントサイドの種々のプログラム(JavaScriptや、その応用のjQueryやWebGL)の流れからして、おそらく数年うちには、HTMLとCSSとJavaScriptだけで、共感覚者が見ている知覚世界の3D表現(しかも、閲覧者がいじって遊覧できるもの)ができるようになるだろう。YouTubeに重い動画を上げなくとも。

 今回私は、それをやろうとしたわけだが、今でもWebGLに敵対心というかトラウマのありそうなIE(マイクロソフト)の対応の遅さだけがネックなのだった。

 Windows 10を無償提供するよりも前に、今あるものを有効利用し、今できることから対応してくれないものかな・・・。


【関連ブログ記事】

●当サイトの3Dゲームで遊んでいただく前の準備
http://iwasaki-j.sblo.jp/article/97556956.html

●WebGLによる3DCGについての技術的な話
http://iwasaki-j-ict.sblo.jp/article/93504698.html

●アクセス解析データ書庫を公開
http://iwasaki-j.sblo.jp/article/83132560.html

●ウェブサイト管理者・閲覧者双方の責任と使命、スマホ・PDA機器の扱い、サーバーの浄化
http://iwasaki-j-ict.sblo.jp/article/81291993.html


【画像出典】

WebGL(Wikipedia)
https://en.wikipedia.org/wiki/WebGL
posted by 岩崎純一 at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 3DCG
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/112725440

この記事へのトラックバック