2014年09月13日

電動フォーミュラカーレースシリーズ「Formula E」が開幕!!

800px-Spark-Renault_SRT_01_E_(Formula_E).JPG いよいよ二年前から楽しみに待っていた史上初の電気自動車フォーミュラカーシリーズ「Formula E」(略称は「FE」)が開幕した。

 準備期間中だったここ二年間、F1ファンの間でも、F2やGP2やスーパーフォーミュラの新設の時の空気とは全く違って、「主催者・FE側がうまくやれば、ひょっとしたらF1の人気を超えるかもしれない」、「F1からFEに“乗り換え”ようかな」という声があったくらいで、私も何となくそういう衝動を感じてF1もFEも同じくらい追いかけていたが、今日の開幕戦を先ほど見てみたら、やはり面白い。というわけで、相当予定通りに、これからの将来は(と言うよりこれからの近未来は?)F1とFEの二刀流ファンで行くつもりである。

 いきなり開幕戦から、最終コーナーで激突され空中でのマシン一回転の憂き目に遭ったハイドフェルドが、激突したニコラ・プロストに怒っていたが、F1を半ば追い出された後でこういう夢中になれる新天地が待っていたのは、才能のあるハイドフェルドとしてはよかったのではないかと思う。

 FEは、半分は「F1のOBレース」のようなものだし(10チーム全てから元F1ドライバーが出走。ただし、ドライバーの年齢はF1と同程度に若い)、往年のF1ファンならドライバー名やチーム名を覚える苦労なんてものもなく、むしろF1を理不尽な形で(スポンサー・金の問題やクラッシュゲート事件などで)追い出された、ハングリー精神のあるドライバーが多いので、そういうところでもFEが面白く感じられるのかもしれない。

 F1はF1でこれからも見ようとは思うが、チームでポチ犬のように扱われクラッシュゲート事件に巻き込まれたピケJr.などには、特に頑張って欲しい。ディ・グラッシ、ブエミ、ダンブロシオ、アルグエルスアリ、ブルーノ・セナなどもそうだが、政治と金にまみれたF1に戻るよりも、FEのほうが似合っているのではないかと思う。

 ドライバーだけでなく、チームの実質的オーナーとしても、トゥルーリ、アンドレッティ、アグリと懐かしいF1ドライバーの名前が並ぶ。トゥルーリは兼ドライバーでもある。フォーミュラカーとほとんど縁のないアウディがアプトにどこまで関わるのかにも注目である。

 FEは、アジアや旧共産・社会主義国を転戦するようになってもなお「欧州貴族文化的・政治的な」空気の強いF1とは違い、アメリカのインディカーのような自由なガチンコ勝負要素(ストリートコース、順位の入れ替わり、女性ドライバー)といった要素も含まれているので、そういう点も面白い。

 トゥルーリやハイドフェルドやフランク・モンタニーなどの円熟したF1のベテランOB陣や、オリオール・セルビアや佐藤琢磨のようなCART・インディ経験者の活躍も楽しみである。セナ(アイルトン)やプロスト(アラン)やピケ(ネルソン)といった懐かしい名前も、甥のブルーノ・セナや、息子のニコラ・プロストやネルソン・ピケJr.で聞くことができて嬉しい。

 あとは、レース数の問題、コストの問題、音(迫力)の問題などがどう片付いていくかだと思う。それにしても、そもそも騒音問題がないEVカーだからこそ、街のど真ん中でレースができるわけで、これでまた、音を出すためにコストと電気を使い車体を重くするなどして環境を汚し、FEがF1化したら、元の木阿弥だし、フォーミュラカーレース史をきちんとまじめに追いかけているファンなら、そんなところで文句は付けないと思うのだが、どうなのだろうか。

 爆音・音速・ガソリンエンジンですっ飛ばすセナ・プロスト・シューマッハの姿は、あれはあれで崇高な過去の歴史。FEはFEで、別の形で孤高でなければならない。私の一ファンとしての思いはそんなところである。

【画像出典】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%A9E
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103600140

この記事へのトラックバック