2014年01月11日

F1新カーナンバー発表!

 フランスはメリベルのスキー場でのミハエル・シューマッハの大怪我と共に年末年始を迎えたF1界隈。依然として重体の状況であり、現在はあえて低体温にして脳活動を低下させているというニュースもあった。ファンとしては、静かに見守る以外にない。

 そんな中、今季からドライバーが自分の好みで付けられるようになったパーマネントナンバーが発表された。F1関連ニュースでも「カーナンバー」としてあるところが多いので、この記事のタイトルにもそう書いたが、そのシーズンのF1マシンに与えられるナンバーではなく、実際は(というよりヨーロッパ現地では)、ニュアンスとしては「ドライバーのパーマネントナンバー」といったところだ。そのドライバーが乗っているF1マシンに付くナンバーという意味では、「カーナンバー」ではあるが。

 我が贔屓のマッさんは19という素数をお選びになったようである。しかし、今季こそ、今までの何だか「割り切れない」成績を脱して、よい成績を残してほしいものである。今のウィリアムズはドン底なので、今度こそ這い上がれるに決まっていると信じたい。

 以下、各ドライバーのカーナンバー。

2014年F1エントリーリスト(2013年コンストラクターズランキング順)
1.セバスチャン ベッテル(レッドブル)※チャンピオンでないときは「5」
3.ダニエル リカルド(レッドブル)
6.ニコ ロズベルグ(メルセデス)
44.ルイス ハミルトン(メルセデス)
7.キミ ライコネン(フェラーリ)
14.フェルナンド アロンソ(フェラーリ)
8.ロマン グロージャン(ロータス)
13.パストール マルドナード(ロータス)
20.ケビン マグヌッセン(マクラーレン)
22.ジェンソン バトン(マクラーレン)
11.セルジオ ペレス(フォースインディア)
27.ニコ ヒュルケンベルグ(フォースインディア)
21.エステバン グティエレス(ザウバー)
99.エイドリアン スーティル(ザウバー)
25.ジャン-エリック ベルニュ(トロロッソ)
26.ダニール クビアト(トロロッソ)
19.フェリペ マッサ(ウィリアムズ)
77.バルテリ ボッタス(ウィリアムズ)
4.マックス チルトン(マルシャ)
17.ジュール ビアンキ(マルシャ)
9.マーカス エリクソン(ケータハム)
10.小林可夢偉(ケータハム)
タグ:F1